tomo'sおすすめ漫画

TL漫画、BL漫画、少女・女性漫画を中心に紹介。

33歳漫画家志望が脳梗塞になった話【あやめゴン太】感想ネタバレ

投稿日:

作者本人の脳梗塞闘病エッセイ漫画。まとめサイトで30万アクセスを越えたポジティブ脳梗塞体験漫画が全編リメイクで配信中です。

▼無料で試し読み▼

33歳漫画家志望が脳梗塞になった話

 

昼間は会社で働いて、夜は漫画を書くという忙しい日々を送っていた漫画家志望の33歳ゴン太(♀)のお話。

 

ある日、なんだか体に異変が…左腕が急に重くなったりだるくなったり…

以前にも同じことがあったしとほっておいていつも通りの忙しい日常を過ごしてしまう。

 

次々に異変があるけど、仕事優先…

 

ついには左手が完全に動かない状態になった時に「今スグ病院に行け」と会社の人に言われ、やっと病院に行くことに。

しかし、救急車を呼ばずに自力で…

 

そして、「脳梗塞です。即入院してください」と。

 

本人は事の事態が飲み込めずに、「あの・・・仕事が・・・」

 

「アンタ死にたいの?」

 

症状は「ラクナ梗塞」というもので右脳の細かい血管が詰まった事が原因のもの。

発病から4時間以内なら血栓(血の塊)を溶かす薬が使えたのに、すでに7時間経っているので別の治療を行うことになった。

 

体の左にマヒがありリハビリも必要な状態。

 

 

あの時すぐ病院へ行けば・・・

救急車を呼んでいれば・・・

 

そして、即入院、集中治療室へ・・・

 

33歳漫画家志望が脳梗塞になった話を読んだ感想

脳梗塞の兆候から入院、リハビリや、検査、闘病生活の事が赤裸々にかかれていますが、ポジティブに面白く描かれているので悲壮感はありません。

何事も早期発見、早期治療が大切だという事を教えてくれます。

同じ体験をした人が読んだら心強いだろうし、すごく参考になる漫画だと思います。

面白おかしく描いているのも、心配している母親に「あなたの娘はこんなに楽しく生きてますよ!」と言いたくて描いたとあとがきに記されています。

 

日本人の死因の第3位が脳の血管の病気です。

いつ自分が同じ立場になってもおかしくないんだなと思わせてくれました。

 

ポン太さんの漫画を参考に少しでも体に異変を感じたら「自分は大丈夫」なんて思わずに病院に行こうと思います。

 

tomo
脳梗塞のリアル闘病体験を読むことができるので参考になります。

 

▼無料で試し読み▼

 

  • タイトル:33歳漫画家志望が脳梗塞になった話
  • 作者名:あやめゴン太

公式あらすじ

SNSで大反響を呼んだ33歳漫画家志望(♀)の脳梗塞体験が遂にコミックス化!

「ふんわりジャンプ」サイト内でも人気上位を占め、出張配信中の「ピクシブコミック」では、第1話累計15万PVを記録!!

杏林大学医学部 医学教育学 准教授 冨田泰彦先生に聞く『教えて!脳梗塞のこと』作者のお姉さんの視点で描く『妹が脳梗塞になった話』退院からの1年を描く『その後の話~あれから一年経ちました~』など、描きおろし27Pを加え、連載を読んでた人でも読み応えバッチリのボリュームです!

 

▼無料で試し読み▼

-実録漫画
-

Copyright© tomo'sおすすめ漫画 , 2018 All Rights Reserved.