tomo'sおすすめ漫画

TL漫画、BL漫画、少女・女性漫画を中心に紹介。

荒ぶる季節の乙女どもよ【岡田麿里・絵本奈央】感想ネタバレ

投稿日:

ピュアな文芸部員達がエロな純文学を読み性に振り回されていく物語。「荒ぶる季節の乙女どもよ」が面白すぎ!

▼無料で試し読み▼

荒ぶる季節の乙女どもよ

 

文芸部には和紗をはじめ5人の女子高生が所属していた。

そこではみんなで一つの作品を読んで読書会という名のもとに語り合うのが活動のメイン。

 

だけど、そこで読む本は今まで読んでいた本とは違って一気に大人の世界

一気に性の香りがするものだった。

 

読むとすごい作品だとわかるし、性描写も人間を語る上では重要なんだと思うんだけど・・・

純粋な少女達は意識せずにはいられない。

 

そんなある日、題材で「死ぬまでに何がしたいか」の話題で盛り上がっている時に一人の部員が、

「セックス」

と答えた。

 

その一言が、文芸部達のピュアな心をかき乱した。

何を見ても性につながって翻弄されまくり!!

 

そして、その夜・・・

和紗が幼馴染の家にお使いを頼まれて訪ねた時に見てしまったもの・・・

 

 

衝撃が大きすぎて、和紗の心がざわつく。

 

何を見ても性とつながっていく、エロ、エロが溢れてくる!!

性にふりまわされる自分が嫌になりながらも葛藤を繰り返していく・・・

 

和紗をはじめ文芸部たち少女がこの思春期をどう乗り越えていくのか!?

 

続きは、本編で!

 

▼無料で試し読み▼

 

荒ぶる季節の乙女どもよを読んだ感想

 

めちゃくちゃかわいくて面白いストーリー!!

 

ピュアな少女達が、性という問題に振り回され、自分では理解しきれない気持ちや知識がどんどん入り込んできて翻弄されていく姿が青春~っ!!って感じで微笑ましすぎる。

 

思春期のあやうさや戸惑いが絶妙に描かれていて面白すぎです。

和紗がいる文芸部5人が個性的で、それぞれの物語も描かれそうなので楽しみ。

 

エロに溢れた漫画だけど、文芸部の少女たちがピュアすぎてめちゃくちゃ爽やかなのがお見事でした。

 

tomo
しかし、純文学って読んだことないけど、エロいのか・・・

 

▼無料で試し読み▼

 

  • タイトル:荒ぶる季節の乙女どもよ
  • 原作:岡田麿里
  • 漫画:絵本奈央

公式あらすじ

あなたの"はじめて"を、わたしにください──。

和紗たちは文芸部に所属する女子5人。部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。

その瞬間から、彼女たちは"性"に振り回され始める。

 

荒ぶる季節の乙女どもよ 登場人物

小野寺和紗

文芸部。泉の幼馴染。中学からかっこよくなった泉の幼馴染というだけで女子たちに目をつけられ暗黒時代を過ごす。性に翻弄されまくり。

須藤桃子

文芸部で和紗の親友。いつもほんわかしている。

曽根崎り香

文芸部部長。潔癖で真面目。文学の性は認めるが、現実の性は軽蔑している。

菅原新菜

文芸部の掃き溜めに鶴と言われるほどの美少女。不思議な雰囲気を醸し出している。

本郷ひと葉

文芸部。作家を目指し、出版社に持ち込みをしている。セックスを知らないで文学は語れないと怪しいチャットで知識を深めている。

鉄オタ。和紗の幼馴染で女子たちにモテモテ。

 

 

-少年・青年漫画
-,

Copyright© tomo'sおすすめ漫画 , 2018 All Rights Reserved.