tomo'sおすすめ漫画

TL漫画、BL漫画、少女・女性漫画を中心に紹介。

漫画【復讐のイマジン】岩葉純希が描く復讐ファンタジーが怖すぎる

更新日:

殺人犯の娘として逃げ場のない地獄の日々を過ごす中、現実逃避で描いていた絵本のキャラクターが独り歩きをはじめ真冬を復讐へと駆り立てていく「復讐のイマジン」

 

「復讐のイマジン」は、母親が夫と不倫相手4人を殺し、殺人犯の娘となった真冬が、逃げ場のない地獄の日々を過ごす中、趣味の絵本執筆でなんとか正気を保っていた。ある時から絵本に描くことが現実になりはじめ…真冬の復讐が始まっていくという漫画です。

 

「林檎裁判」や「貴様は死体だが、命に別状はない。」などの大ヒット漫画を描いた岩葉純希の最新作。

 

まだ連載が始まったばかりで、これから復讐をはじめていくという感じですが、闇が深い。

殺人犯の娘として生きる地獄。

誰も助けてくれない絶望がリアルに描かれていて、ヒロインの苦しさが伝わってきます。

 

自分が描いていた絵本の中のヒーローが突然しゃべりだし、復讐へと導いていくというファンタジー要素もあるけれど、ゾクッとさせられる岩葉純希の世界観がここにあります。

 

tomo
今回は、「復讐のイマジン」を読んだ感想レビューを紹介していきます。

 

復讐のイマジンってどんな漫画?

 

この世には虐げるものと、虐げられるものがいる。

『あなた』はどっちでどっちの味方?

 

「5人も殺したんだって?アイツの母親」

「案外アイツも人殺してたりしてね~母親に協力してたとか」

「蛙の子は蛙っていうしね」

「よく学校に来れるよね」

 

 

きっかけは、父の不倫だった。

次々と発覚する複数の関係。それを知った母は…

自分の夫と不倫相手の4人を殺し、連続殺人犯として逮捕された。

 

そんな悪魔の娘である私が世の中で受け入れられるはずもなく、容赦ないイジメの日々。

 

絵本を描き、空想の世界に逃げる。

それが、壊れそうな自分を正気に保つ唯一の方法…

 

絵本の中では、いじめられて虐げられている動物達がうさぎの姿をした吟遊詩人スノウ・トルヴェールに「希望の歌」で救われるというストーリーを描いていた。

 

真冬にとって、スノウ・トルヴェールは、自分の傷を全て知っていてたった一人の味方だった。

 

学校では、母が殺した女性の娘・桜子に執拗なイジメと売春の強要、性行為の撮影をさせられるという地獄の日常。

 

 

…そう、これが現実。

 

本当はもう限界だったけど、必死に我慢していた。

 

そんなある日の事…

 

売春を強要されていた相手の男に自分の自宅を知られ、家まで押しかけられてしまう。

しかも、妹まで差し出せと、性行為を撮影された動画と住所をバラまくと脅されて…

 

まわりの大人に助けを求めたけれど…

学校の先生も…祖父も…警察も…

誰も助けてくれない。

 

母親が人殺しだからって、娘の自分たちは何も悪いことはしていない。それなのに…

 

「助けてよ!スノウ・トルヴェール!!」

絵本の中の自分が描いていたスノウ・トルヴェールに助けを求めるしかなかった。

 

『そうだ。今がその時だよ真冬。君は哀れな動物達が救われる話を描いてきたが、そろそろ哀れな君自身が救われる物語を描くべきだ』

 

これは…夢?

突然喋りだした絵本の中の「スノウ・トルヴェール」

 

『さぁ、想像(イマジン)を働かせるんだ。僕に何をさせたいか。悪者にどうなってほしいか。どんな物語なら君が救われるか』

 

彼に誘われるがまま、真冬が選んだストーリーは…

 

そこには、スノウ・トルヴェールのきぐるみを被った真冬がいた。

正気と狂気の狭間で孤独な復讐は幕を開ける。

 

 

復讐のイマジンを読んだ感想

 

本当に胸が苦しくなるほどのイジメを受けている真冬。

必死で正気を保とうと絵本を描いて、生きているのに追い打ちをかけるようにつけいる汚い大人。

自分だけじゃなく大切な妹にまで魔の手が襲うとなると、こうなる道しか残されていないように感じてしまうほどリアルに絶望的な地獄が描かれています。

 

想像が現実として実行される復讐。

それが、鮮明に描かれているのでグロいのが苦手な方は注意…

悪いやつが成敗されていくのですが…その方法が怖い。

 

今後どのような復讐がイマジンされるのか、真冬はどうなってしまうのかが見逃せません。

 

  • タイトル:復讐のイマジン
  • 作者名:岩葉純希

公式あらすじ
脅され、脱がされ、犯された。殺人犯の娘として生きる最悪な日々。現実逃避の空想は独り歩きを始め、少女を復讐へと駆り立てる。

――夫とその不倫相手4人を殺した連続殺人犯の娘、真冬。周囲に事件が知れ渡る頃、真冬にとって日常は逃げ場のない地獄と化していた。容赦のないイジメ、売春強要、性行為の撮影。相談できる相手もいない為、昔から趣味だった絵本執筆を続けることで狂いそうな精神を正気に保っていた。

そんなある日、絵本の中で制裁したはずの男が、実際に死亡していた事を知る。半信半疑の真冬は再びペンを取るのだが…

 

復讐のイマジン 登場人物

美里真冬

夫と不倫相手4人を殺した母親の娘。人殺しの娘として事件を知る周囲の人間から執拗なイジメを受ける。趣味の絵本執筆でなんとか正気を保っていたが…

桜子

真冬の母親に自分の母親を殺された被害者の娘。同級生の真冬に容赦のないイジメをし、地獄を味あわせている張本人。

吟遊詩人 スノウ・トルヴェール

真冬が描く絵本の中のキャラクター。哀れな動物達を救ううさぎの姿をしたヒーロー。真冬の唯一の味方。

-少女・女性漫画

Copyright© tomo'sおすすめ漫画 , 2018 All Rights Reserved.