tomo'sおすすめ漫画

TL漫画、BL漫画、少女・女性漫画を中心に紹介。

やれたかも委員会【吉田貴司】もしもの夜をジャッジ!感想ネタバレ

投稿日:

ネットで話題になった漫画がついに電子書籍化!誰でも思い当たることがあるのではないでしょうか?「やれたかもしれない夜」そんな話を聞いてもらい「やれたのか?」をジャッジしていきます。あなたはどう思うか考えながら読んでみて下さい。

▼無料で試し読み▼

やれたかも委員会

ろくに学校も行かずにバイトばかりをしていた高校生の頃の話。

「増田くんも来ない?」

同じバイト仲間の年上女性の倉橋由美子(22歳)に自宅でのビデオ鑑賞会にさそわれた。

 

彼女の部屋には彼女と彼女の同級生2人(男)そして僕だけ17歳。

 

もちろん僕は経験はありませんでした。

 

何の映画を観たのか覚えていません。

ただ今まで知らなかった女の子の部屋に来てるんだという感覚は今でもはっきりと思い出せます。

 

彼女の同級生2人が買い出しに行くことになり、どういうわけだか二人きりになったんです。

 

テレビを観ながら沈黙。

 

「増田くんは彼女とかいんの?」

「いないっス」

 

なかなか帰ってこない2人。

「眠くなっちゃった」と僕に背中を向けベットに横たわる彼女。

 

 

ドッドッドッドッ

彼女とかいんの?・・・眠くなっちゃった・・・

 

スシュ スシュ

 

テレビのボリュームを下げるとシーツのこすれる音だけがやけに届いて・・・

2人は本当に全然帰ってこなくて・・・

 

彼女の背中を感じながら、色々な妄想をした。・・・ってできれば

あるいは・・・ってできれば、こんなことやあんなことに・・・

 

笑われたっていい・・・

 

ガチャッ

「ファミマ遠いよ!雨降ってくるしよー」

 

2人が帰ってきた。

 

 

・・・以上が僕の知るすべてです。

 

あなたが思うに、これは「やれた」「やれなかった」どちら?

 

続きは、本編で!

 

▼無料で試し読み▼

やれたかも委員会を読んだ感想

 

なんか知らないけど、話にひきこまれる。

本当に何気ない話。よくある話。

 

思わせぶりな女の子の態度に翻弄される男心がすごくリアルに伝わってくる。

 

勘違いのような勘違いでないような。

こちらまでドキドキが伝わってきます。

 

その話を真顔で聞き、冷静に感情的にジャッジする審査員3人がまた個性的で面白い。

なんだかめちゃくちゃシュールです。

 

色々な人の話をもっと聞きたくなる中毒性がある。

 

▼無料で試し読み▼

 

  • タイトル:やれたかも委員会
  • 作者名:吉田貴司

公式あらすじ

もしもあの時、勇気を出していたら…

そんな誰もが心に秘めている忘れられない夜を犠星塾塾長 能島明、ミュージシャン パラディソ、そして財団法人ミックステープ代表 月満子が判定します。

「やれたかもしれない夜は人生の宝です。」

ネットで話題のあの作品が待望の電子書籍化。note、cakesで発表された第1話~第8話を大幅加筆修正。さらに特別編「まるでクジラの胃袋のような長い廊下で」6pを描き下ろしで収録。

(保坂和志さんとの対談記事は紙書籍のみの収録となります。ご注意ください。)

 

やれたかも委員会 登場人物

能島明(のうじまあきら)

犠星塾塾長

月 満子(つきみちこ)

財団法人ミックステープ代表

パラディソ

ミュージシャン

 

 

-少年・青年漫画
-

Copyright© tomo'sおすすめ漫画 , 2018 All Rights Reserved.